SticPay(スティックペイ)は「STIC FINANCIAL LTD」が運営する「電子決済サービス」です。

SticPayを使ってできることは主に以下の5つがあります。

STICPAYでできること

  • オンラインカジノなど海外のSticPay加盟店への送金
  • オンラインカジノなど海外のSticPay加盟店からの出金
  • SticPayカード(MASTERプリペイド)の発行
  • ATMからの出金
  • MASTER加盟店での決済(オフライン・オンライン問わず)

しかし、そもそもSticPayはどんなサービスなのでしょうか?

また、何が便利で、どんなメリットがあり、どこに注意しながら利用すれば良いのでしょうか?

このページでは「これからSticPayを始める方」向けに、

  • SticPayのサービスの概要
  • SticPayの3つのメリット
  • SticPayの2つのデメリット

の3点について詳しく紹介していきます。

SticPay(スティックペイ)ってどんなサービス?

さて、はじめに紹介したように、SticPay(スティックペイ)は「電子マネー決済サービス」です。

しかし、はじめてスティックペイを使う人からすると、「そもそも電子決済サービスってどんなサービスなのか?」と思われる方も多いと思います。

そこでまずは、スティックペイ自体がどんなサービスなのかを詳しく紹介していきます。

この段落の見出し

  1. nanacoとスティックペイを比較する
  2. nanacoとスティックペイは何が違う
  3. 銀行の機能を持った電子マネーがスティックペイ

nanacoとスティックペイを比較する

  • 楽天Edy
  • Suica
  • nanaco
  • PASMO
  • iD

・・・これらのサービスは日本人にとって馴染みあるものとなってきましたが、実はこれらも「電子マネー」の仲間です。

ここでは比較的使用者も多い「nanaco」を例に例えながら、スティックペイについて解説していきます。

nanacoでできること

さて、セブンイレブンで使える「nanaco」は、

  • ATMやレジカウンターでnanacoにチャージし、
  • チャージした金額はnanaco加盟店で使う

ことができます。

スティックペイも同じ

スティックペイも、基本的な使い方はnanacoと同じです。

  • クレジットカードや銀行振込でスティックペイにチャージし
  • チャージした金額はスティックペイ加盟店で使う

ことができます。

nanacoとスティックペイに共通しているのは、

  • 加盟店じゃないと使えない
  • 加盟店であれば即時処理できる

ということです。

nanacoとスティックペイは何が違う

このように、nanacoとスティックペイは「使い方」としてはほとんど同じです。

しかし、大きく異なる点が3つあります

  • 引き出し(出金)ができる
  • 送金・受取ができる
  • 国境関係なく使用可能

引き出し(出金)ができる

nanacoは1度チャージしてしまうと、再現金化ができません。

それに対してSticPayは、チャージした金額を引き出すことができます。

送金・受取ができる

nanacoはnanaco加盟店に資金を送ることはできますが、個人に送金することはできませんし、誰かからnanacoを直接送ってもらうこともできません。

それに対してSticPayは、

  • SticPay加盟店に資金を送金
  • SticPayユーザー同士の送金・受取
  • 加盟店からの資金の受取(例えばオンラインカジノや海外FX口座からの出金)

などもできます。

国境関係なく使用可能

nanacoは日本国内向けのサービスで、国外に加盟店はありませんので使えません。

それに対してSticPayは、様々な通貨に対応しており、SticPay加盟店も世界各国にありますので、国境関係なく使えます。

また、この後紹介するように、SticPayはMastercardプリペイドを発行できますので、国内・海外ATMから資金の引き出しも可能です。

銀行の機能を持った電子マネーがスティックペイ

つまり、スティックペイは「nanaco」よりも「銀行」に近い機能を持った電子決済サービスだと言えます。

銀行では、

  • 貯金をしたり
  • 口座から引き出したり
  • 誰かに資金を送ったり
  • 国外に送金したり
  • 給料や報酬を受取ったり

と様々なことができますが、それと同じことが「SticPay」ならできる(ただしSticPay加盟店であれば)ということです。

SticPay(スティックペイ)の3つのメリット

ここまでSticPay(スティックペイ)の「大枠」について説明してきましたが、一言で言えば「PayPal」や「エコペイズ」と仕組み的には同じです。

そこで次に「SticPayだからこそのメリット」を3つ紹介していきます。

SticPay3つのメリット

  1. SticPayカードが発行できる
  2. クレジットカードでチャージできる
  3. 手数料が安い

SticPayカードが発行できる

SticPayの一番のメリットは「SticPayカード」が発行できることです。

STICPAYカードはMastercardとの提携プリペイドカードですので、全世界210カ国以上のMastercard提携ATM機から現金を引き出すことができます。

また、もちろんSticPayカードはMastercardプリペイドなので、世界各国のMastercard加盟店でショッピングすることも可能です。

クレジットカードでチャージできる

SticPayと同じ電子決済サービスの「エコペイズ」や「アイウォレット」は2018年からクレジットカード入金できなくなってしまいました。

そのため、銀行振込など別の方法で入金しなければならず、とても手間がかかるようになりました。

その反面でSticPayはクレジットカード入金に対応していますので、いつでも好きな時にスムーズなチャージが可能です。

手数料が安い

SticPayの決済手数料は、

  • クレジットカード入金:3.85%
  • 個人からマーチャントへの送金:2.5%+$0.3
  • STICカード出金:1.3%
  • 国内ローカル出金:600円+2.5%

となっています。

パッと見ると「高い」と思えるかもしれませんが、エコペイズなどと比べて手数料的を安く抑えることができます。

SticPayの2つのデメリット

ここまでSticPayの3つのメリット(独自性)を紹介してきましたが、その反面で「デメリット」もあります。

SticPay2つのデメリット

  1. 対応オンラインカジノが少ない
  2. SticPay月間出金限度額が9,000ドル

対応オンラインカジノが少ない

筆者と同じように”オンラインカジノの入出金用”としてSticPayを導入しようとしている人は多いと思いますが、残念ながらまだまだ対応カジノは少ないのが現状です。

  1. パイザカジノ
  2. 10BET
  3. 1XBET

現状この3つのカジノ以外は対応していませんので、その点は理解して口座を作成するようにしましょう。

補足
SticPayカードを使えば、Mastercard入金に対応したオンラインカジノに入金することはできます(上記3つのカジノ以外は出金はできません)。

SticPay月間出金限度額が9,000ドル

SticPayカードの月間出金限度額は9,000ドル(約100万円)で、ほとんどの場合は上限内に収まると思います(銀行出金は無制限)。

しかし、過去のエコペイズのエコカードが30,000ドルだったことを考えると、少々物足りなく感じるのも事実です。

スティックペイを使うにはKYC書類の提出が必須

スティックペイは金融サービスです。

そのため、マネーロンダリング抑止のために免許証や居住証明書などの「KYC書類」を提出しなければいけません。

特に「居住証明書」として使えるのは、発行3か月以内の公共料金の請求書ですので、これからアカウント開設する方は、最新の請求書を捨てずに保存しておくようにしましょう。

おすすめの記事