スティックペイのメリットの1つが、

  • スティックペイカードを作れること
  • スティックペイカードを使ってATM出金ができること

です。

そして、「スティックペイカードを作る」ことについては、「スティックペイカードの申請/発行方法~カード有効化までの全手順」の記事で紹介してきました。

そして今回は「スティックペイカードを使ってATM出金する方法」についてです。

ATM操作に関してはカメラで撮影してしまうと通報されてしまうことがあるので、ATM操作手順については図解で解説できませんが、誰でも迷わずATM出金できるように詳しく紹介していきます。

それでは、まいりましょう!

スティックペイカードに資金振替する

スティックペイの「通貨」って何を選ぶのがベストなの?」の記事で紹介したように、ほとんどの人はHKD口座でスティックペイカードを発行していると思いますので、その前提で話を進めます(この記事では、HKD口座からスティックペイカードで出金することを想定します)

まず、HKD口座でスティックペイカードを発行した場合、

  • スティックペイHKD口座の残高
  • スティックペイカードの残高

は”別の残高”として扱われます。

セブンイレブンの「ナナコ」や電車で使える「スイカ」と同じで、スティックペイHKD口座の残高を使ってスティックペイカードにチャージ(資金振替)しないと、スティックペイカードを使ってATM出金することはできません。

そこでまずは、スティックペイHKD口座の残高を使って、スティックペイカードにチャージすることから始めましょう。

\カード有効化はこちら/

STEP2資金振替金額を入力

  1. 金額
    スティックペイカードに移動する資金額を入力します。
    ※右側は手数料を引いた後の額が自動で記入されます。
  2. カード番号
    スティックペイカードのはじめの4桁と、終わりの8桁を入力します
  3. 生年月日
    右側のカレンダーマークから、自分の誕生日を選択します。
  4. 「Submit」をクリックします

STEP3「完了」を確認する

  1. 「完了」と表示されたら、振替申請は完了です。
資金振替は1営業日以上かかる
上記の「完了」は「振替申請完了」のことです。
実際にHKD口座⇒スティックペイカードに資金振替されるまでには1営業日以上がかかります。
例えば土曜日に資金振替した場合、資金振替されるのは月曜日以降となりますので、その点は注意してください。

スティックペイカードを使ってATM出金する

資金振り替えが完了したら、いつでもATM出金ができるようになるのですが、ATMの操作方法は普通の操作方法とは異なるため、戸惑うことがあると思います。

そこで、私自身が実際にやって分かった、

  • セブンイレブンATM(セブン銀行ATM)での出金方法
  • ゆうちょ銀行ATMでの出金方法

の2つの操作方法について紹介していきます。

セブン銀行ATMを使った出金方法

  1. カード挿入
  2. 言語選択(English)
  3. 手数料に同意(Confirm)
  4. 暗証番号入力
    ※カード有効化時に入力した6桁の数字
  5. Creditを選択
  6. 金額入力
  7. ATM出金完了

ゆうちょ銀行ATMを使った出金方法

  1. カード挿入
  2. 暗証番号入力
    ※カード有効化時に入力した6桁の数字
  3. 金額入力
  4. 手数料に同意
  5. ATM出金完了

\手数料情報はこちら/

さいごに

さいごになりましたが、スティックペイカードは1000円単位で引き出すことができますが、あくまで通貨はHKDです。

そして、スティックペイの運営に確認したところ、スティックペイカードで出金する際は、

  • ATM利用手数料
  • マスターカードの定める為替レート

の2つの手数料がかかり、平均として約2%の手数料がかかります。

つまり、10,000円を出金するためには10,200円以上の残高が必要になりますので、ATM出金する際は、手数料も含めて引き出し金額を入力するようにしましょう。

\本人確認はこちら/

おすすめの記事